< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
インフォメーション

2008年04月08日

お米へのこだわり

お米へのこだわりも、今回の野菜スープ販売では重要なポイントになってきます。


野菜スープにお米って?! ・・・って、思う方もいるかと思いますが、どうしてもスープだけだと物足りないという方の為に、野菜スープに炊いた玄米を入れてリゾット風にして販売もしています。 また、この玄米がリゾット等のスープ物には合うんです!


そもそも、玄米って「ちょっと固くて食べずらいし~、あんまり好きじゃな~い」って、言う声もよく聞きます。

でも、普段食べている白米は精米する時に50%以上の栄養分を失ってしまうのです。 だけどカロリーはほとんど一緒。

白米はたしかに柔らかくて、見た目もよくて、美味しいです。 私も好きです。 でも、せっかくの栄養をわざわざ捨ててしまうのってもったいなくないですか?! その失っている栄養分とは脂質・繊維・灰分・カルシウム・リン・鉄・ビタミンB1・B2・B6・E・ナイアシン・・・等々。なかなかたくさんの栄養素が詰まっています。

玄米から白米の過程で、お好みの感じに精米できます。完全玄米じゃなくても、3分、5分、7分とその分栄養素も少し残ります。



ここ1年半くらい、家でのご飯はほとんど玄米食にしている私は、普通に食べるのにも全然美味しいと思っているのですが、特に納豆ごはんとでもすっごく合うし、カレーとかにも全然合うし、きっと食べ方次第なんじゃないかと思うんです。 炊き具合とかもちょっと白米とは違うので、それでバラツキが出たりもあると思います。



玄米のススメについては「野菜ソムリエkurumiのブログ」で紹介しているので、こちらをご参考頂いて・・・
http://yaplog.jp/kurumi_1975/archive/65


さて、本題のスープ販売で使っているお米です。

これは、横浜市港北区の「くらしの里 すえひろ」さんより購入している玄米で、ほぼ無農薬の玄米を産地直送で送ってもらっています。 こちらのお米屋さんは色々調べていく中で偶然見つけたお米屋さんですが、本当にお米への思いが熱く、生産者さん達もとてもこだわって、尚且つ出来る限り低価格での提供をされています。 生産場所は埼玉県や千葉県と神奈川に近い場所です。 

一般的に人気な東北方面のお米との違いはおそらく粒の大きさだと思います。 どうしても気象や土壌の条件などからその辺の違いは出てきてしまうので、大きい粒のお米がお好きな方はそちらの方を選ばれた方がよいと思いますが、今回、私が使うリゾットには少し小粒でスープに入れても柔らかすぎないようにちょっと固めで、サラサラと食べれるお米。そしてフードマイレージの負担が少ない、できるだけ地産地消に近い状況からみると千葉や埼玉県産という点では、とても条件に合っています。

だけど何より一番は、できる限りの無農薬・低農薬という事。 精米しない玄米は、やはり農薬の問題が気になるところです。

もちろんとてもこだわって完全無農薬とか、一部の契約者しか買えないようなお米も世の中には出回っています。それはそれで良いと思いますが、そういうものを使うとお客様に販売する価格も必然的に上がってしまいます。 だから出来る限り良いものを、低価格で提供する事が企業努力になるんだと思っています。 だって、私は高級レストランじゃなく、毎日気軽に食べれる移動販売のスープ屋さんなので・・・。

それぞれが、それぞれに合ったものを提供していくことが必要で、それを作る人と食べる人が必要で、そうして世の中が回っていくんですよね。


って、なんだかちょっと話がずれてしまいましたが、できり限り使う素材にはこだわっていきたいと思っています。


そして、今回セレクトしたお米はこちらです。 生産者 若林さんの「アキニシキ」



《お米情報》
http://www.kurashinosato.co.jp/cgi-bin/kurashinosatoHP/sitemaker.cgi?mode=item_detail1&page=page1&category=3&no=3&layout=item1&user_id=&user_pass=

毎年、このお店で販売しているお米は新米のみの販売で、ブレンドを一切しないので夏までにその商品が売り切れたら無くなりますが、でも地域の生産者ネットワークで繋がっているので、なくなったらそれに代わるものを提供してもらえます。 そういう点でもこのお米屋さんでの購入は販売側からも安心できます。 ご興味ある方はネットでも買えるのでお試しあれ。

「くらしの里 すえひろ」さん  港北区新羽店が種類豊富に置いています。
http://www.kurashinosato.co.jp/


お店にはたくさんお米が置いてあるので、個人的に食べ比べをしてみる事にしました。

とりあえず、6種類を少しずつ買ってみましたが、 ・・・見た目じゃまだ判断できません。。。
一気に食べ比べは大変なので、少しずつ味わってみようと思っています。中にはアイガモ農法の完全無農薬米も。




そういえば、野菜ソムリエの後継で、お米マイスターとかも他の協会であるようです。お魚とかも・・・

とりあえず私は取る予定ありませんが、ご興味ある方は・・・ face06icon10




野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi号のスケジュールはこちらから          ⇒ ⇒ ⇒ http://kuruminosoup.hama1.jp/
同じカテゴリー(お米)の記事画像
お米について
同じカテゴリー(お米)の記事
 お米について (2012-03-10 23:32)
 秋の味覚 ~新米について~ (2011-09-30 08:35)
Posted by kurumi at 19:52 │お米
この記事へのコメント
京都の丹波地方にもおいしいお米がありますよ。昔、明智光秀という武将が納めていた土地で、いまはその菩提寺がありますが、とても風光明媚です。
お米の産地はいろいろありますが、お水にもこだわってみては。
というのは河川水ではなく、山の清水で作ったお米やお酒はまた格別な味、透き通った味がします。臭みが少ないんですね。
いつか試してみてください。なんかスープにあうんではないかしら。
Posted by 8chan at 2008年04月16日 17:56
8chanさん、コメントありがとうございます♪

確かに、お水によっても違いは出ると思います。私もスープ作るのにお水は少しこだわっています。是非一度京都の丹沢地方のお米も試してみたいです☆ その産地によってのそれぞれの味わいがきっとありますものね。
もっともっといろんなモノ食べ比べてみよう!!(^^)!
Posted by kurumikurumi at 2008年04月16日 18:11